祝完走!;四国1000kmその5最終章

いつも晴れ晴れ爽快ポタにありがとう.ためになったらポチしてください.
ブログランキングが表示されます。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
---

いよいよ残り220km、一挙に行ける距離??

705の充電もすんで、一応準備万端
もちろん、お尻はだめよ~、足の裏と手のひらもちょっと痛い
でも、メンタル的には下見のときに快調に走れた区間で、行く気満々?!

7.室戸岬を目指す
さて、ちょっと寝すぎの感じ、起きるとまだブルベライダーは結構います、が、さっきまで温泉とか観光とかとお話していた方々はもうすでにいません。
しか~し、いつものように計画的に走られている知り合いのSさんはここで、まだ観光に行くという。
「さっき、その近くに温泉あるというので、行った人がいましたよ」
といってみると、「じゃ、温泉も入ってこよう」・・・
なんだ?この余裕は??
また、ご夫妻もいらして、彼らもホテルの検討しています
・・・まあ顔見知りがいっぱいで、今回は気持ち的には楽でした。

確かに、ここから普通なら15時間はかからないので、余裕は5時間程度もあるので、問題ないけどね。

また、ウワンもそもそも徳島のホテルに朝から部屋を使えないか打診しましたが、部屋の引渡しは15:00までは無理とのこと・・・ということもあって、速くても12:00過ぎについてお昼ご飯とかでまったりするのがベストかな??と思い出していたのでした。

そういう意味では、この時間19:00ぐらいに高知出発では、少し早すぎる感じですが・・・
とにかく完走を確定してから、ゆっくりします。

ということで、一人室戸岬へ向けて出発です。
とにかくこの区間は平地、平地・・・と思っていると最初の橋は結構高いところを登って、しかも交通量多くて今日のお尻にはしんどい・・・

しかし、すぐに平地27km/h走行です。
・・・
そして夜の四十万の中を走ります。
・・・
途中、コンビニ休憩を2回して、補給。やっぱりこの道は順調・快調です。

ところが、安芸を越えて、奈半利あたりで・・・とウワンよりちょっと年上のブルベライダーが
「室戸岬はどっちでしょう?まだ先ですか?、3人で参加したのですが二人は後ろにいるので」
とのこと、この先へ行って分からないので引き返してきたとのこと
「ここはまだですよ、もう少しすると海に出てそこから岬を目指します」
ということで、ごいっしょすることにしました。
快調に飛ばして・・・
ところが、ところが・・やっぱり夜中になると、ウワンは眠くなってきてしまいました。
時間もあるので、ここは仮眠したいところです。
「室戸岬まで10kmくらいですが、私はこのあたりで休憩していきます」
ということで、先に行ってもらうこととして、自販機休憩をすることにしました。
・・・
ウワンは、ブルベ始めて分かったのですが、どこでも寝られるんですね。
この自販機の前で寝てしまいました。
ちょうど30分くらいしたところで、後ろから来た方がやはり自販機で補給。
それで目が覚めて・・・その方も20mくらい先の暗くなったあたりで仮眠開始。
・・・
ウワンは、出発です。
あと少しだと思っていましたが、室戸岬はなかなか着きません。
しかし、夜でよかったな?!下見のときは昼間で熱中気味だったので、今回はほんとに夜でよかった。

そうこうしているうちに到着!!室戸岬876.7km、予定23:02、実績0:38到着、1:20出発
P1000273.jpg

ここでは結構な数のローディが寝ていました、ウワンも近くのテーブルの上で若干寝ようと横になりましたが・・・
さっき寝たばかりで寝られないので、先へ行くことにします。

8.海陽から美波、そして徳島へ

ちょうど知り合いが出発するところだったので、一応ごいっしょに・・・と思いましたが、
自販機補給などしている間に、先に行ってしまいました。
でも、すぐに二人の方をごいっしょできて・・・・
この方々もとってもお腹がすいたぁ~とのことで、途中自販機休憩?
・・・
このあたりは次のPCまで補給店は無いので、ウワンの非常食として持ってきた塩甘羊羹を差し上げました。
半分は、足摺岬後の自販機休憩で食べてしまっていたので、5個くらいと少なくて申し訳ないのですが、まあ少しは足しになるので・・・

ウワンは次の徳島県の最初のコンビニまで先へ進みます。
・・・
しかし、PC10km手前で、眠くなったので、自販機仮眠30分。
・・・
ほどなく県境近くのアップダウンです。
坂の途中で工事中で、結構難儀!!
でも、眠気が無いのでどうにかとおりぬけできました。
このあたり、高知県最後のアップダウンということで、県境まで結構きつい。

ほどなく、念願の最後の海陽宍喰のPCに到着!918km予定2:10、実績4:05到着、5:15出発
このPCでも結構な数の方々がいらして、お話しつつ、ちょっと仮眠。

ウワンは、この先の最後のヒルクラが一応明るくなるころに登れるように、ここで時間調整という感じです。
まあ、美波から山岳なので、そこまでは暗いうちに行ってしまいたかったのです。
ほかの方は、もう少し遅くてここを明るくなってから出ようという方が多かったです。
最初は、このあたりはリアス式の海岸線、きれいです
P1000274.jpg
おはようございま~す。朝は誰でも気持ちよくご挨拶!!
P1000276.jpg


それでも、美波までも結構アップダウン・・・そしてひとつ100mくらいの山を越えていきます。
その手前のコンビニで一応補給。
この美波までの山は2分程度8km/h以下に落ちていますが、ほとんど10-15km/hで登れました。
なぜか登り元気です。
P1000278.jpg

そして、今日の大ボス美波からの登り200mです。
その前に、一応コンビニで朝ごはん。
でも、勾配は6%以下程度と小さいので、ぐんぐん登っていけます。
・・・
P1000279.jpg

そして、下りに入りました。
P1000280.jpg
このあたり山間と渓流という絶景で、気持ちよく走れます。
山あり
P1000281.jpg
渓流あり
P1000283.jpg
8::55ごろ、残り45km程度
P1000286.jpg

このあたりはずうっと下り・・・途中自販機補給
・・・
もはやお知り合いになれた方々と抜きつ抜かれつ???
前半でとっても足が回る女性もこのあたりで一度、追いついて・・・でも先に行かれました。

つまり、ウワンは下り当初は元気に行ったのですが、・・・ゴールが近づくにつれてお尻が痛~い、足の裏がいた~い。
途中、福岡から参加の方とお話しつつまったり走行していましたが、あんまり遅いので先に行ってもらうことにしました。福岡で10月23日開催のコースなどなど・・ちょっと出たくなりましたが・・・

それにしても、この方あっという間にダンシングでスピードアップ・・・先へ行かれました。
すごい元気だなぁ~
ウワンは時間的には、急ぐ必要もないので、ゆっくりライドです。
でも、お尻痛くて、足の裏も痛くなってきて・・・スピード出ないというのが真実かな??
やっぱり登りでダンシングしたときにダメージが大きかったようです。

そして、あんまり痛いので、いよいよ徳島が近づいた10km手前で休憩することにしました。
だって、街中をこの足、お尻を我慢して走るのはしんどいので・・・
20分ほど休憩で、足の裏が回復

そこからもまったり走行でフェリー乗り場を目指します。
ほどなくゴール!!
途中で予定にした12:00過ぎよりはほぼ1時間も早く着いてしまいました。
・・・
スタッフにチェックしてもらって、これで一応完走!!

9.そして

ちなみに懇親会に出たいので・・・でもこの格好じゃね~
ということで、アルウィンさんに上下を買ってきてもらうことにしました。
ありがたいことです。
というか今回はほんとにスタッフの方々におんぶにだっこのケアをしていただきました。

しかし、ちょっと時間があるので、このコンビニでお昼を食べて・・・
戻ってきたアルウィンさんが近くにうどん屋あったのに・・いやこの格好じゃね。

そして、このコンビニでしばらく昼寝。
あれ~、だんだん日差しが高くなってきて、寝ている日陰が無くなってしまいました。
仕方なし、ホテルへ行ってみるか~・・・

ホテルでも結構、まだまだお部屋の準備中でしたが、受付のソファで待たせていただきました。
そして、14:20ごろお部屋に入れました。
あとはシャワー浴びて、ぐっすり・・・起きたらちょうど16:00

買ってもらった衣服を着て、チャリで懇親会へ
懇親会ももはや見知った顔で、まったりいろいろ情報交換!!

とっても有意義に過ごせました。

ああ~、やったぞ四国1000km、走れました。

これで、認定距離は3,500kmですが、1000kmは600km換算なので、3,100kmです。
PBP参加の抽選権まではあと100kmです。

そして残すは最難関のうわさの高い中部1000km。
これ完走できたら、PBP行こう?!

ちなみに、ホテルもどる途中のおすし屋さんで、会席料理いただきました。
おしいねェ~
P1000293.jpg

お刺身やにぎりもさることながら、この酢漬けのたこが絶品でした。
P1000294.jpg


V3の記録
走行距離;1035.10km
走行時間;49h08m
平均速度;21.1km/h
平均CD;58rpm

ODO=11,560km、553h

(完)
スポンサーサイト

四国1000kmリザルトの分析?!

いつも晴れ晴れ爽快ポタにありがとう.ためになったらポチしてください.
ブログランキングが表示されます。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
---

早くもリザルトが掲載されていた

速いな~・・・

千葉だと最低でも1週間待たされるところだが、まだ余韻・・・体にね?!
残るうちに出すというものいいことだ。

そこで、一応ウワンはどのあたりを走ったのかな?ということで、分析してみました。
もちろん、DNSとかDNFの人数も数えてもいいのですが、今回はあまり意味がなさそうなので・・・

位置取りとか睡眠とか・・・そんなところを見てみたいなぁ~
ウワンを中心に考えて、分析すると
以下のとおりになります。
results_順位

日付の変わる処理は面倒なのでしていませんが・・・

これ見ると順位的には、最終真ん中あたりでほっとした。
もちろん、完走できればどこでもいいのだが、途中のPCで、ウワンより遅れて到着した方々は主にグルメだったり温泉だったり、はたまた観光だったりを楽しんだ人たちが多い。
そういう中でのまんなかなのだ。

そして、速い人は上には上って感じで、どんどん差がついていっている。
なんでこんなに速いんだろう。

ところで、PC2までは純粋に走っていると思うが、ここまではほんとに皆さん速い!
ウワンだって、211km10:04っていままで一番速いがほとんどの人は9時間台。
早い人は8時間ちょっとでついている。
まだまだ800kmも残っているのに!!

また、ウワンもよく寝たなという印象だが、結構気が合うひとが多いようで、やっぱり密度が一番大きいあたりの大集団の中を走っていたようだ。

どうりで、いっぱいお話して顔見知りになれたはずだ。

でも、誰も名前やブログの話をしないので、・・・

まあ、またそのうちどこかのイベントでお会いできるだろう。
そのときは、よろしくお願いしますネ。

みなさ~ん!!

祝完走!;四国1000kmその4

いつも晴れ晴れ爽快ポタにありがとう.ためになったらポチしてください.
ブログランキングが表示されます。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
---

いよいよ郷の家を目指して、未知の道四万十川溯上!!

コンビニをちょっと前に出た3名を追って、橋のほうへ走る。
できれば、トレインで行きたい。
3人の方に追いついたのだが、橋をわたってすぐを右へ行ってしまって、ミスコース。
こっちはミスコースですよ~と大声で叫んで、引き返す。
そして、そこを2名の方がシャーと正しいコースを行くので、その方々についていく。
どうにか、四万十溯上開始である。
1000kmを完全にミスコースなしで走るのも難しい・・・GPS見ながらでもちょくちょく間違える。

5.郷の家まで
ここへ来て大きな問題が噴出??

 お尻の痛みが極致だよ

実は、佐多岬の往復ですっかりお尻が擦り切れ始めていて、宇和島あたりのコンビニでタイツの下にショートをはいて、ごまかしていたのだが、流石にそこから200kmくらい走って、完全に触れないような状態になっていた。
前回の下見や喜多方のときも同じように痛かったが、四国の下見のときは途中2度もホテルで休憩してゆっくりお風呂に入ったので、最後までひどくならずにすんだし、喜多方では400km越えたあの広域農道からの痛みでアップダウンをクリアすること、最後のゴールタイムに間に合うのが精一杯でお尻どころじゃなかった。
しかし、今回は幸か不幸か時間はあって、この痛みどうしてくれよう。と悩んでしまった。
郷の家に行けばお風呂がある・・・

 そして、眠気が最高潮になってしまった。

もちろんそこらですぐに寝ればいいのだが、寒いのと街中で寝るといろいろ起こるので、ここではもはや眠れない・・・
仕方ないから、暗い道を2人の後を付いていくが、どうしてもあの赤いテールランプを見ていると眠ってしまう。
・・・
しょうがない先に行こうということで、前を引くことにした。
お尻は、走り始めはぎこちなくスムースなペダリングはできないが、すこし走ってゆっくり丁寧にサドルに腰を置いて、足を回すようにすると痛みを忘れることができる。
前を引くと・・・ほんとに真っ暗だよ。
「砂があります。」とか「未知に段差ぁ~」とか、「右路肩ありませ~ん」とか、「右人が寝ていま~す」なんて、こんなところで寝ていたら、車に轢かれるじゃない??と思いつつ、大声でしゃべりながら走ります。
・・・
・・・実はこの溯上は32kmしかないのですが、とっても遠く感じました。
こんな風にしゃべりながら走っているうちはよかったのですが、後ろを見たらもうだれもついて来ていませんでした。

そして、真っ暗な夜の四十万の中に・・・一人になると、眠気がさらに増幅。
このあたり、生まれて初めて幻覚を見ることができました。
道の脇のライトやちょっとした看板なんかが、人や動物に見えて動くんですね。
結構、面白い!!

何でもないライトが頭になって、くねくね曲がってこっちこっちと言ってくる。
そばへいくといつしか、普通のライトに戻っている。
ちょっとしたガードレールの切れ目が、人の姿に見える。はたまた動いている。・・・
黒いものが後ろから追い抜いていったと思ったら・・・・何もいない??
なんだったんだろう??

眠くなると、ウワンは適当に歌を大声で歌って、気を紛らわすのですが・・・
四万十では、それもできずにこの幻想に浸ってしまいました。

あたりは幽玄な霧雨が・・・そして寒くなってきました。

・・・・
突然、ガツン・・・つっつう・・・ガツン・・・ぱっと目を開くと右側を走っていて、右路肩縁石の直前!!
止まろうとしましたが、ゆっくりブレーキ??
そして、縁石の切れ目があって、縁石の右へ入ってほぼ止まれそうでしたが、・・・・
仰向けになっていました・・・「やっちゃった!!」

完全な落車

肩と左の腰をかなり打ちましたが、眠いのでたいした痛みがありません。
たぶん、単なる打ち身程度ですんだようです。
チャリ?チャリは???
と見ると、これも奇跡的になんともないではないか?
・・・
マイクロスリープはこのところ、長距離ライドの一番の課題だったはず・・・
やっぱり、幻覚見てたからな???大失敗!

「もう二度としないぞう」「死んでても不思議はなかった」・・・

このトラブルでその場は完全に目が覚めて、少し走るとリカンベントさんが追い抜いていかれました。
やっぱり、速いなぁ~
と見送って・・しばらく走ると、またまた後から来た方の後ろを走らせていただいて、
「落車しちゃいましたよ」とか話ながら・・・郷の家を目指します。

途中、ウワンが先に行かせてもらいました。
それっきり、付いてきません。
郷の家近くに行くと、結構ブルベライダーが止まって「がんばれ~」と声をかけてくれました。
しかし、郷の家がありません。
このあたりかな??と思って、民家を見ると・・・どうも??
「分からん??」
そこへ先ほどの方がいらして、
「今電話したら、パイロットランプつけていて、ここをまっすぐ行ったところだそうです。」
とのこと。二人でどんどんまっすぐ行きました。
ってところで、もはや愛媛県への県境???2km以上も来てしまいました。
流石にこんなに来ないよな???っていいつつ、二人で戻ります。
再度、お電話していただいて・・・ありました。パイロットランプ!!
・・・
どうにか郷の家到着;636km予定7:58、実績4:15到着、6:05出発

ここでお風呂はいろうか迷ったが少し待つという。
お尻がひどいので、お風呂で痛い痛い言うのもいやなので・・やめました。

結構、人がごった返していて、中で寝ようにも場所が無い??
庭で寝ていいですよ。とのことなので、ウワンはどこでも寝られるので、庭で寝ることに!
でも、外は霧雨??

もうひとつの大問題、705の充電切れ。

もはや充電器の充電が四万十手前で切れてしまっていて、705の電池もが消耗していて、あと半分くらいしかありません。つまり8時間程度しか持たない状態です。
また、携帯電話とiPhoneもほぼ電池切れ。

ということで、充電させてもらうことにしました。
とっても助かりました。
これで少なくとも最後の宍喰のPCまではいけるでしょう。

そして、少しでも霧雨があたらない、外の軒先で仮眠開始です。
ちょっと場所が狭いので窮屈ですが、一応軒先はこのあとの方々が道に寝ていらしたので、それよりは上等??
ってことで、90分しっかり寝ることができました。
また、寝る前にわかめラーメンをいただいたので、お腹も一応出来上がっています。
ちなみに、このあたり全く補給点がありません。橋のそばに自販機があるくらい。
でも、ちょっと行ったところの道の駅はゆっくり寝られると参加者が言っていましたが・・・

さて、夜が明けたので出発です。
もはや霧もほぼなくなりつつあって、明るくなった道は走りやすい。
何より、眠気無し!!

途中、自販機でドリンク補給して、一路古津賀店を目指します。
夜は全く見えなかった四万十川??
P1000260.jpg

結構、雰囲気あるよなぁ~、さすが神の川??
P1000261.jpg

へ~、昼間はこんな道なのか??
P1000262.jpg

そして、無事に古津賀店へ到着。681km、予定10:43、実績8:20到着、8:50出発
もはやここは単なる通過点です。でも一応、ご飯ものを食べました。

6.高知を目指す
下見のときはさほど苦労しなかったというか、帰りのフェリーが気になって、夢中で走ったこの区間。
途中、七ヶ峠があって、それなりにアップダウン区間でした。

お尻がいたくて、完全に足もヘタってきていて、足の裏も痛み始めていて、しかも705の電池切れのウワンとしては、いつでもDNFの可能性がありましたが・・・あと残りは、300kmくらい、時間はたっぷりある状態です。

この七ヶ峠手前の坂への登り手前で、ローディが声をかけてくださいました。
清水ありますよ。
P1000263.jpg

もちろん、しばし休憩。
P1000264.jpg

この水を使わせてもらいました。そして元気を得ていよいよ中盤最後の登りと思ってゆっくり上りました。
途中、一度足をついてゆっくり休んで上りましたが、一気に上るのこともできたと思っています。
もはや無理はしないことが完走につながると考えていました。
P1000266.jpg


ほどなく、途中予定した休憩ポイントで1時間程度休憩して、高知を目指します。
でもここから、美波まではほぼ平坦。

気が早いですが、完走が見えてきました。

そして、須崎市を無事に通過して、あの入り組んだ海岸線を通ります。
P1000267.jpg

本当にきれいなところ
P1000268.jpg

マリンレジャー盛んです。
P1000269.jpg

そして、最後の直線道路に入りました。
P1000270.jpg

ここも延々長いなぁ~、早く着かないかなぁ~・・・お尻痛いよう・・・


でも、下見ではいけなかったサークルKはちょっと入ったところにありました。
ここまでくればあとだいたい220kmだよ!!
PC7高知長浜店;予定17:48、実績16:40到着、19:40出発

実は、コンビニで外の電源が借りられたので、705の最後の充電を完全にしました。
ここからほぼ15時間でゴールなので、十分な時間があります。
ほかの方は、温泉へ行ったり観光したり、グルメしたり・・・いろいろ案を練っていましたが・・
ウワンも、もちろんホテルで仮眠するのもいいのですが、探すのも面倒なので・・・
まあ、単に心に余裕が無いのですが。
ということで、十分に仮眠しました。ある意味、飽きるほどって感じで(笑)

つづく

祝完走!;四国1000kmその3

いつも晴れ晴れ爽快ポタにありがとう.ためになったらポチしてください.
ブログランキングが表示されます。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
---

いよいよ疲れが溜まってくる400kmが近づく!!

4.足摺岬を目指す
さあ、いよいよ足摺岬を目指して、八幡浜市~西予市~宇和島市を南下します。
暑いけど、それでも眠気もなく快調。
八幡浜市を過ぎたところ12:30ごろ
P1000253.jpg

そして、西予市を越えていよいよ絶景ポイントへ13:00ごろ
P1000254.jpg

宇和島市の手前で一度30分程度休憩。
八幡浜市~西予市にかけては、200m程度の登りもあって、そのほかもそれなりにアップダウンがあって、暑いけど、それでも疲れは実はあまり感じない。やっぱり絶景な海、山を走るのは気持ちいい!

今回は、とにかくブルベライダーの一番密度の高いところを走っていたのか?
前にも後ろにも、ライダーの姿は見えないものの、ちょっとしたこと。たとえば、のぼりに差し掛かるとか、休憩するとすぐにブルベライダーと遭遇できた。
宇和島あたりでは、ブルベライダーから「すいませ~ん、ここはどのあたりでしょう??」
なんて質問を受けてしまった。といわれても、一応ウワンは705と地図を持っているので、
「ここは宇和島市ですね。でも、この後も宇和島市です。」なんて、わけの分からない回答をして、また走り始めました。

そして、PC4御荘店についた。;462.9km予定17:26、実績16:30到着、17:00出発
P1000255.jpg

この写真は出発するとき撮ったのですが、もうちょっと前にはこの倍はいました。
それでも、この区間は予定に比べて時間がかかっていて、貯金が30分を切った。
さてさて・・・

いよいよ、宿毛市あたりで、二日目の日没。18:03
P1000256.jpg

・・・
そして、途中ウワンは眠くなってしまいました。19:40ごろ
ここまでくると勝手に寝る癖がついていて、叶崎のお遍路さんが休憩する見晴らしで30分寝てしまいました。
潮騒が聞こえて気持ちいい!!
でも、起きると何台かのブルベライダーが通り過ぎて生きます。
さあ、ウワンも行かなくちゃ!!

このあたりは、本当に暗い!特に足摺岬に近づくと、道がほんとに狭くなって・・・下見のときは夕方だけどちょっと暗いかな程度だったけど
今日は真っ暗!対向車も来るし、追い抜かれもする。

一応、ブルベライダーが3名程度合流して、進みます。
でも、なかなか足摺岬につけなくて・・・
最後の急坂を登ってしばらくいくと、ああありました駐車場、そして銅像。
ここがまたまたクイズポイント!;548km予定;21:55、実績21:56到着、22:20出発
ついに、予定よりオーバー!
P1000257.jpg
そして、ひでさん?たぶん
P1000259.jpg

ここから、ウワンはまた一人旅に出ました。
以布利の海岸線から離れてちょっとのぼりになるところで本当は右折なんだけど、下見のときはこっぴどくミスコースしました。でも流石に覚えていて、今回はルートどおりいけました。ちなみにこの右折は結構皆さんミスコースしたらしいです。
どうして、登る側に行っちゃうのか不思議なところですが・・・

そのあと、細い道を途中まで来たあたりで、またまたリカンベントさんに追い抜かれて、少しお話しつつ暗い道を行きます。
なんでも、手前の細い道は結構危なかったとのこと。
まあ、みんなそうだよね。ロードだって、ほとんどスピードは出せません。
広い道に出てしばらくいったところで、ウワンは自販機で補給。
その先、リカンベントさんも自販機補給していました。

そこから、注意深く大橋をわたって、四万十川の左岸(下流に向かって左側)へ。
そしてほどなく、PC5古津賀店に到着;591km、予定0:21、実績0:55到着、1:30出発
予定より1時間遅れ!
実はとっても眠くて、寝たんだけど、風が強くてそして何より寒くて眠れませんでした。

そして、いよいよ試練の四万十へ

つづく

祝完走!;四国1000kmその2

いつも晴れ晴れ爽快ポタにありがとう.ためになったらポチしてください.
ブログランキングが表示されます。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
---

やっぱりスタートしてからしばらくは落ち着かない?!

ウワンはどうしても前半つまり眠くなる前に先に行きたいほうなのだが、・・・
ほぼ一番最後のほうのスタートになってしまい、前に行くには抜いていくしかない。
1000kmもあるので、最初はゆっくり付いていけばいいのだが、どうも行きたい。

ということで、一人どんどん前に行きました。
とはいえ、とびきり速いわけでもないので適当なスピードの集団ができて、その中で走り始めます。
と、最初の方が橋のところまだ5kmくらいしか走っていないところで、パンク。
ウワンが先になってしまいました。
それでも最初のアップダウンが始まるころには、後ろから来た速い人たちに抜かれます。
どうにかこのトレインに乗せていただきました。ちなみに先頭を引いているのはリカンベントさんです。
P1000238.jpg

このあたりは、みんな元気で速い速い!!

なんだかんだ言ってもPC1:59kmは、グロスで25km/hで到着。15:10ごろ
P1000240.jpg
ご夫妻も
P1000241.jpg


2.PC2まで
少し補給して15:30ごろ、211km地点のPC2を目指します。
PC1から1時間も走るともはや一人旅。
でもなんとなく前後に人の気配はあるので走りやすいし、このあたり道もよく、景色もよくて気持ちいい。
P1000243.jpg

四国らしい山並みが遠くにみえる。
P1000242.jpg

この区間は150kmあるので、途中2回コンビニ休憩を予定していました。
ほぼ予定通り、17:10ごろ丸亀市あたりのコンビニで1回目の休憩。
ほんとうに補給のみで出発です。
1時間もしないうちに、もう日没の時間です。
P1000248.jpg

そして、20:30ごろ二回目のコンビニ補給をして、一路PC2へ、PC2の手前の峠は無事に10km/h程度で切り抜けました。

PC2到着;211km;予定;0:07;実績;23:10到着、0:10出発
少し速いので、ここで早くも30分の仮眠を取ってしまいました。
やっぱり、せっかく前泊なんだけど、あんまり眠れていないなぁ~。

でも、これで元気が出て、下見でとても苦労した佐多岬へ向かいます。
その前に、海岸線を走るのでちょっと風が心配だけど、犬吠崎を経験しているのであんまり気になりませんでした。

3.三崎港まで
夜の瀬戸内海なのでちょっと残念!!
でも、明かりは見えるよ。
まず、この区間も135kmもあるので、途中2回の休憩予定。
そして、道の駅で仮眠もする予定です。
予定通り、峠前で補給休憩をして、峠に向かいます。でも、この区間の峠は小さくほとんど印象にありません。
でも、それを抜けたあとの海岸線が完全に夜中になってしまい、眠気最高潮になってしまいました。
伊予市までは交通量もあって気が張っていたので、発生しなかったのですが、車も途絶えて、完全に夜のしじまの中を一人旅。
と、・・・・マイクロスリープで縁石ぎり、おっとっというところで、ちょっと危ないところでしたが、こすった程度で何事も無くとおり過ぎました。

でも、これでは危ないので、まあ予定もあるということで、早速仮眠をします。
ちょうど、道の駅のベンチに誰もいないので、一番大きなテーブル上のところで、大の字に寝ます。
30分と90分のタイマーをかけて眠ります。
ウワンは寝つきはすごくいいので、すぐ落ちますが、・・・音がしたりするとすぐ起きられます。
実は、20分程度寝たところで、一団が同じエリアのベンチに・・・これでおきてしまいました。
一応、30分経過したので、出発することにします。
ただ、これで眠気は完全に解消!

佐多岬へ分岐するあたりで、再度コンビニ休憩。ここから先はPC3以外のコンビニがありません。
PC3は国道から見るとがけ下なので、結構行くのは面倒なので、ここで補給です。

でも、佐多岬へ入ったのは6:00ごろなので、すでに明るくなりました。
この道は、景色がいいよ~。
下見のときはアップダウンに辟易としたけど、今日は先ほど寝たこともあって、順調です。
たぶん、下見でだいたいコースが分かっているからかもしれません。

ここでは、スタート地点や途中で結構ごいっしょした方々が戻ってきます。
「おはようございます。」とみんなに声をかけ合いながら進むのでほんとうに元気がでます。
・・・
こんなに速いの~??なんていう人もいて、でも本当に速いひとはもうとっくにここを抜けてしまったのかなz??
ウワンの予定では、この往復に6時間くらいかける予定だったので、それだけ差ができたということのようです。

そうこうするうち、三崎港へあっさり着きました。

三崎港;347km;予定10:27;実績;8:20到着、8:40出発
ここはクイズポイント;こういうのあんまり好きじゃない?
ちょっとみんなで探して見つけました。
P1000249.jpg

でもあのフェリーに乗ると九州行けるんだよな・・・
P1000250.jpg

三崎港はあんまり補給店がないので、すぐに引き返すのですが、出口近くのお店でバナナとヨーグルトを食べて元気をつけました。
帰りはこれから向かう人とまたまた「おはよう」と声かけながら進みます。
ある意味、これが結構リズムをつくってくれて、元気がでます。
そして、下見のとき仮眠したモニュメント風の建物を通過。
P1000251.jpg

すぐに中浦のトンネル左折して、細い道を通ってPC3へ。
P1000252.jpg

PC3;377km;予定12:39、実績10:40到着、11:20出発

ここまでは、予定よりも1時間20分も前倒していますが・・・

つづく
プロフィール

Mu Auan

Author:Mu Auan
自転車ふるさと旅日記へようこそ
折りたたみMTBで輪行しつつ、ふるさとを訪ねます。また、気が向くままポタリングを楽しみます。
ロードの購入で、ふるさとまわりのブルベに挑戦することに・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2902位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
209位
アクセスランキングを見る>>
千葉県
Follow MuAuan on Twitter
みんなの地図
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード