BRM526静岡600km乗鞍;完結編

いつも晴れ晴れ爽快ポタにありがとう.ためになったらポチしてください.
ブログランキングが表示されます。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
---

高山でると・・・といってもこの高山やはり懐かしい!

一応、ちょっとだけど市街を通る。
そしてあのステーキ屋さんのあるにぎやかなはずの町並みも・・・
でも、真夜中なんだよね。
というか、夜中の2時近い時間・・。。・・

あきらめてとにかく下呂を目指す。

実は高山を抜けるのは大変。
どっちへ行くにも必ず登りなんじゃないか??まあ高岡(飛騨)のほうだけ下りだけど
下呂方面も違わず登り・・・しかも結構な峠。宮峠。
名古屋のときは、寝すぎてあわててこの峠上ったけど・・確か近畿の人たちに抜かれたよなぁ~
なんて考えながら走る。
もっとも今日は真っ暗だけど・・・それでも結構道が見える・・・月明かり??
そして、峠を登りきった。
登ればあとは下呂まで下り・・・のはず。
でもやっぱりスピード上がらない。

峠を下るまでは30km/hオーバーだったが、すぐにいつもの20km/hのペース。
そしてS大垣内でミスコース。
おまけにスポークがぷちん・・・カランカランカラン・・・

真っ暗だよ・・・仕方ないので、まず、そこで明かりを頼りに触れ取り。
さて、スペアのスポークも二本持っているので、さてさて・・
でも、スポーク入れるには空気も抜かなきゃいけないし、触れ取りもやり直しだし・・・
一本抜けなら、今までも走れているし・・
ということで、そのまま行くことにしました。

そしてハブダイナモのケーブルがはずれたので、第二灯を点けて、そのままゆっくり戻って大垣内の明かりの下で、再度確認、ハブダイナモのケーブルも取り付け。
後からブルベライダーが2人3人と過ぎて行きました。
結構、何も言わないのね??まあ、どうでもいいけど、ウワンは声かけるけどね。

どうにか走れそうなので、最初はゆっくり行きます。
でも、今まで一本抜けの状態だと安定しているので、触れが大きくならないのを確認して、あとは普通に走りました。
でも、ここからは下りの効果はあまりなし。
守りの走りになってしまいました。
それでも下呂温泉。
そういえば橋の下に温泉あるんだよなぁ~なんて考えたけど、もう明るい。
遅いから余裕なし・・・残念。

そして鉄橋を渡って桜町の信号を右折するといよいよ舞台峠への登り。
ここいつも大変。
あの信号のところからまだまだ登るんだよね。
でも、勾配は白布峠を越えたウワンにとってはたいしたことないし、ちょうど御坂みちくらいの登り。
思い出して、立ちこぎ入れて登る。
結構、登れたし、朝早いのでまだまだある程度は涼しい??

そして5:54ごろ頂上を越えた。
ここから中津川までホントは下りのはず??
いやいや中津川まではアップダウン区間です。
いつもここで足を使い切ってきたので、今回は少し時間的に余裕もあるので力を抜いてアップダウンを乗り切ります。
ポテンシャルを生かして、最下点でのスピードを生かして、立ちこぎで・・早めにギアをインナーに落として、まわします。そして最後は立ちこぎで頂上まで登ります。できれば頂上ちょっと越えるところまで・・・
それにしてもホントに勾配を無視したアップダウンだよね。中津川。

でもでも今回は足を残せたよ。
PC5 412km到着7:34(予定8:17)クローズ9:28
貯金はもちろん減ったけどクローズまでには2時間あります。

そして、休憩30分で再出発。
なんだかいよいよラストな気分。
ここからあのぎざぎざを超えれば、最後の峠を残すのみ・・・と気分が高揚してきます。
でもPC出てすぐの激坂。今回は登りきりました。

そして、そのぎざぎざの最初の登り。
なかなか進みません。
そしてあの岩村への阿木小学校前信号右の激坂・・・曲がってギア落としきれず外れてしまいました。
あ~あ、あの激坂で足つきはそのまま押し歩き決定です。
50m以上押して登って、再スタート。

確かこの先あたりでZucchaさんが勢いよく抜いていきます。
確か4:00高山スタートのはずだけど、もう来るのか??
この道で結構皆様に抜かれました。
Takatoriさん(前のPC前だったかも37時間縛りだから(笑))もToyo3さんもたぶんこの道だったような・・・

KamanoさんはPC5でお話したけど、先に出ていました。

あとはみなさん同じメンバーが前後、ほぼ同じようなペースだから・・・
でも、6-7名しかいないのに3名くらいの方は熱中症とかなんとか、眠い眠いとのこと・・・

ウワンは明るくなったので睡魔退散、胃腸もよくなって元気回復していましたが・。・

そしてなんだかんだ苦労しているうちにどうにか最後の峠も越えて、あとは下り。
あっという間に、PC6へ

PC6広瀬479km到着11:47(予定12:36)クローズ13:56
やはりこの区間も予定どおり走れています。
余裕が2時間。
でも休憩40分以上居て、12:31再スタート。
しょうがないよね。これからいよいよ最後の峠。しかも500m以上登る。
そしてもはや炎天下だよ。

でも仕方ないので、再スタート。
ウワンはブレーキしちゃうとアウトなので、とにかくゆっくり登る。
とにかく1時間余分にあるのだから大丈夫なはず。

そしてこの峠の特徴は、登り始めの1/3が激坂で中盤以降は少し楽になる。
しかも今日は途中から曇ってきた、冷たい風が押してくれる。
ラッキー!!
そこから勾配も小さくなったこともあり、がんがん走り始めました。
ということで、14:50最初の峠の頂上へ。
やったね!
もう一個峠あるけど、たいしたこと無い。
トンネルはあっという間につきました。
そしてくだりは30km/hオーバーでカッ飛びます。
ところが、途中でS田さんが迷子しています。
止まって道に迷っているとのこと・・・「畑のおじさんに聞いたら自転車なんて通っていないと言われた」???
とかなんとか・・・そしてキューシートも持っていないとのこと。
仕方ないので、ゆっくり走りますが、S田さん目が悪いので、くだりはすごく遅い。
なので、分岐があるところで待つことにしました。
そうしていると、下の分岐でS木さんが待っていました。
これで一安心。
ブルベではウワンは誰ともいっしょに走らないよ~。

でもそこからはほとんど平地。S田さんしっかりついてきます。
登りはわれわれよりよっぽど速いので、平地もかなり速い。

途中で何が起きたかわかりませんが、後ろにはもういませんでした。

そして、PC7542km到着16:17(予定17:08)クローズ18:08
貯金を守れました。
16:47再スタート(ここでも30分休憩)
最後区間はとにかく平地なはず??
やっぱり、そんなわけないよね。

554kmまで150m登ります・・・でも流石にたいしたことは無い。
そのあたりからS木さんS田さんがほんとに前後します。
なぜか同じ足なので・・・
アップダウンというよりは昨日の朝こことおたよね。
なんて会話しながら、いよいよ完走が・・袋井が見えてきます。
ついにやったぁ~って感じ。
あとはスポークが持ってくれれば、感想です。
ちょっと時計を見ると、20:00あたりにつけそう。
じゃあって、その話をするとペースアップ。

でも、あと8kmくらいのところで千切れてしまいました。
ちょうど離れたところで信号黄色。
まあ、完走できればいいしね。
・・・
と思ったらここから信号ことごとくひっかかって・・・でもついにあの袋井のローソンを左折。
そしてゴール!!!!トイレ行って戻ってくると
ゴール602km到着20:05(予定20:56)クローズ22:00
どこまで予定通りなんだろう??
でも、やったね。
そしておいしいお汁粉を二杯もいただいて・・・完走できました。

認定時間38h05m

先に着いていたOさん、KamanoさんやS木さんS田さん(彼ら両名は19:59とのこと)やスタッフの方々とお話して・・名残惜しいけどホテルへ。

ホテルの親父は喜んでくれました。普通の時間に入れたからね。
でも、マッサージだけ頼んで、ちょっと夕食食べに居酒屋へ・・酔いが早いので食べたいだけ食べて、自室へ。
そしてシャワー浴びて、マッサージしてもらいましたが、どうやら途中から意識なくなっていて、気がついたら終わっていました??
そのまま熟睡。でも体は楽になったみたい。
むごい筋肉痛もなかったし、翌日歩くのも苦痛も無く。単にだるい程度で済みました。

まあ、今回獲得標高が8300mとルートラボの表記だったけど、ウワンのGPSだと、7100m位みたいです。
これだって大変な獲得標高。

ほんと完走できてよかった!!




スポンサーサイト

BRM526静岡600km乗鞍;完走できました!

いつも晴れ晴れ爽快ポタにありがとう.ためになったらポチしてください.
ブログランキングが表示されます。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
---

静岡はいいコースだよなぁ~

という評判どおり、景色よし、道よし、そして何よりスタッフが温かい。
もちろん、千葉も近畿も埼玉も、スタッフは温かいから、ブルベは走りやすいんだろうなぁ~

なんて、ちょっと余裕で3年目の静岡参加です。
去年は茶畑や岡谷に参加したけど、岡谷でまさかの荷物なし、新幹線におき忘れ事件があって??
それでもスタッフの方から、キューシートいただいて・・・めでたく台風の中完走できたという・・・

今年は、実はトラブルらしきものは何も無い。
ひとつあるとすれば、先週および先々週の千葉、青葉で熱中症でばてばてでやっと完走という体調問題。
それも、ここへきて風邪が治ってきて、ほぼ理由にはできない状況。

それなのに、出走前、本気で完走は無理だなぁ~
と考えて、とにかく袋井に帰ってくることを目標にした。
ちなみに、この高山から中津川あたりを通るブルベは、中部1000も名古屋600もどちらも中津川でリタイヤしている鬼門がある。
あの、アップダウンが上れない、力尽きてきた。

ということで、ホテルにはいつつけるかわからないけど、チェックインはいつまでいけますか??
なんてばかな質問したら、なんと観世の親父がこころよく了承してくれた。
「いつでもいいよ」「鍵は出しておくから」「お金は朝でもいいよ」...
やはり毎年同じホテルに泊まるのもいいことかもね・・

そして、そういわれると、「いや今払いましょう」ということで、いつチェックインしてもいい部屋を確保できました。もちろん450円の食べ放題朝食もお願いしました。

そしてこのとき、ウワンの今回の目標は
「とにかく袋井へ帰ってこれればいいや。」
になりました。輪行袋を預けました。(パダーニは持っていたけどね)

さて、朝は流石にスタート地点が近いので、5:30ぴったり到着。
5:40あたりからブリーフィングが始まりましたが、今回は知った顔が多いこと・・・
何でだろう・・

そして、スタートです。
一番に出ようと思っていましたが、ちょっと遅れて・・・でも早いほうですよ。
袋井は流石に町が小さいからあっという間に郊外。
普通信号地獄の速度は15-16km/hだけど、ここは20km/h以上。
そして、PC1までさらにスピードアップして、24km/hオーバーかな?

実際は、PC1(71km)到着8:52(予定9:40)
平均速度;24.76km/h(こんなの初めてだよ)

PC1を出ると、すぐ新野峠だと思っていたが、実際はその前にいくつかピークがあって徐々に上っていく感じ。

しかし、今日は50人強の参加者だけど、この辺りは前後に人がいる。
いや今回はずっと誰かが前後にいたような??

登りとにかく遅いウワンだが、先日の御坂みちで結構たちこぎで粘れたので、飽きるとたちこぎで気分を変えながらゆっくり上る。
それでもやはりほとんどの人が抜いていった・・・でも途中止まっている人もいて、「もう足つり三回目だから・・」なんて弱気を言っている。それでも走り出すとウワンを抜いていくから不思議・・いやいやまずいよね。
こっちは元気なんだけど・・・

でも、この道は昨年の岡谷で上っているはず・・それが余裕につながるんだよね。
必ず上れる。
でも去年はスタートで30分遅刻したこともあったけど、その先も峠でPC2はぎりぎりだったんだと、思い出してしまった。
100_0306.jpg

PC1で1時間稼いだけど、いやいやのんびりはできないや。
ということで、途中から頑張りました。そろそろ誰も後ろがいなくなったころ。
100_0308.jpg

そして、どうにかPC2(飯田)到着(160km) 14:39(予定15:36)
ここでもほぼ1時間前倒して、つまりこの区間は予定通り
ここで二時間の余裕はうれしい。

しかし、実はへばっていました。何せ高原のはずが暑い!!
「私は、気持ち悪くなるともう走れません、パフォーマンス落ちます」
とかK内さんが言っている
「ウワンは、気持ち悪くてもそんなに速度は落ちないよ~」
なんて、言わなくてもいいこと言って・・・これが正夢になろうとは

ここから伊那谷の広域農道へ登ります。
この上りが一峠というか、かなり勾配あるよ。

このあたりから前後がはっきりしてきて、静岡スタッフのOさんや、K内さん、S田さん、S木さんなんかがなんとなくいつも回りを走っています。
それでも、この伊那の広域農道って結構アップダウンがあって、盆地で気温も高いし日差しも強く、しんどい。
水をかぶっても、飲んでも間に合わない。おまけに広域農道までの上りがきつかった。
そしてやってきました。

まだ20kmも走っていないのに、気持ちわりぃ・・・急にくるんだよね。
げげげ・・・もどしてしまいました。
・・・
まあ、走れるんだけど、やっぱり熱中症だとやばいので、途中のコンビニでアイスを買ってごろんと寝ます。
たいした時間じゃないけど、横になって氷のカップのアイスで冷やして少し落ち着きました。
このアイスを後ろのぽっけに入れて、一個ずつ食べてみました。
これがすごくよかったのです。
口に含むと冷たくて気持ちいい、そして砕いて舌でのどに押し当てるとのどが潤う・・水はあっという間に体に入っちゃうけど、氷はゆっくり入っていく感じ。
おまけにこの氷はかなり低温にあったと見えて、なかなか溶けないんだよね。
そして、この氷のカップにドリンク(牛乳とか水とかジュース・・)入れて飲むとまたうまい!!

これでどうにか回復傾向になりました。
そんなに急によくなるわけはないので、気持ち悪さは残りますが、氷は食べられます。

いよいよあの権兵衛トンネルから下ったところにあるコンビにまできました。
ここで、再度氷を買って、すぐに登り始めます。
・・・
前方で、事故処理しているみたい・・と脇を見ると、なんと花が一面に咲き誇っています。
後ろには頂に雪を残した山が・・ちょっと元気がでました。
100_0309.jpg

100_0313.jpg

「まあ、完走はいいや、とにかくゆっくりでも進もう」
明るい気持ちになって、坂を登ります。
たぶんこのときはラストライダーになっていたと思います。

そしてどうにか暗くなりかけた権兵衛トンネル入り口。
ここからは3.2%で4kmちょっとでてっぺんです。
とにかく我慢と思って走り始めると・・・ちょっと違う。
そうです、アスファルトがいいので、転がり抵抗がすごく小さいので、よく進みます。

がんがん走れます。坂と思えないようなというか、普通の平地走行と錯覚しました。
平均15km/h程度で走れました。
ということで、あっという間にトンネルを抜けて、くだり~
念願のくだりです。
ここからは木曽までほとんど下り・・・ところがトンネル抜けると寒い~

さっきまで熱中症だなんだと騒いでいたのがうそのよう。
そこは真冬に逆戻り。

でも今日は眠くなりそうだったので、上を羽織らずにそのまま下ります。
いやいややっぱり寒い。
でもでも・・・くだりは速い??
こがないけど、進みます。
あの中部のコースで見覚えある道をがんがん下ります。

そして、どうにかPC3木曽(226km)到着19:20(予定20:40)
ちゃんと1時間20分も前倒しています。
クローズ21:04だから1時間44分もあります。
今回、ここが一番危ないなぁ~と思っていたので、ほんとよかった。
K内さん「私が最終走者だと思っていました」
なんじゃい、ウワンが最終だよ。

そして、K内さん先に出ました。
が、すぐ帰ってきて「パンクしちゃった~」
Oさんがすぐ修理。
でも、ちょっと様子がおかしい。
どうやら予備チューブが無くなったようです。
ウワンは東北の装備のままなので、予備チューブも4本。
なので、一本差し上げることにしました。
条件はあきらめないってことで。

そしてウワンが先に出発。
でも、パンク修理終わっていたし、すぐ後ろを走っているはず。
それにしてもこの道はトラックや大型がすごく多い。
おまけにセンターラインにポールも立っていて、危ない危ない。

6km弱だけど、用心して進みます。
そして、念願??の高山へ進路を向けます。
高山までは地蔵トンネルと長嶺峠を越えなければ行けません。
おまけに迂回路、ここは真っ暗でなぜかアップダウン。
結構長い登り道・・・あれ??って感じです。

そのアップダウンを抜けると地蔵トンネルは比較的楽につけました。
そして長嶺峠。ちょっと大変。
でも、かなり上ってきているので、ちゃんとした峠なので、一定の負荷で上れます
二人が先ほどの迂回路で追い抜いていきましたが、ずうっと後ろ姿が見える状態で走れて、長嶺峠はほぼ同時に到着。
着替えしている間に、ウワンが先に行きます。
だって、いよいよ眠くなる時間なので。寝ないためにもちょっと位寒いほうが・・・

で、くだりはがんがんいけました。
この下りかなり長いので、ここでは何名か抜いたかも??
そしてあのK内さんがまた路肩で止まっている・・・あとで聞いたらパンクしていたとのこと
運が悪いけど、チューブ上げといてよかった。
そして、途中で我慢できなくなって、ウワンも一枚羽織ります。

PC4高山(309.5km)到着1:06(予定2:06)クローズ2:40
ちょうど一時間前倒し。

高山は先日のアタック最上川の米沢と同じような感覚。
ちょっと違うのは、ここでスタッフ待機していただけたこと。
そして、店内でラーメンを食べさせてもらいました。
ここは、S木さんとS田さんコンビもいて、なぜだかスタートからほぼご一緒??
この二人は速いのに、なぜかここにいます。

温まったところで外で30分仮眠できました。
そのころにはちょうどK内さんが到着。空気をさらに入れていますが・・・
ウワンはあっという間に、寝てしまいました。
そして30分、きっちり寝られました。
なぜか、K内さんまだ何かやっています。
タイムスリップしたウワンとなぜかそのまま続きみたいにパンクの話をして・・

さてさていよいよ下呂に向けて、寒い寒い夜の闇に向けて出発です。

つづく







BRM526静岡600km乗鞍;戦略??

いつも晴れ晴れ爽快ポタにありがとう.ためになったらポチしてください.
ブログランキングが表示されます。
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
---

今回は久しぶりにピンチなのだ・・・

単純に226km(3780m)、186km(2460m)、191km(2160m)の3本ブルベ走ると思ってもいいけど、この最初のPC3までの226kmでもちょっと厳しい。

ということで、ブルベ初めたころと同じように想定タイムを高度プロファイルから求めてみた。
本当は下見したいところだけど、一応土地勘はあるので・・・

毎回、一応はやるんだけど・・プロファイル詳細からじゃなくてざっくりだから、今回はちょっと異例。

ということで、結果をまとめると、
1.全体にぎりぎり
   特に木曽までは気が抜けないが案外楽に到達できそうな気がしてきた。
   長嶺峠は夜中だが、高山までは寝ずに行きたい。
2.高山で20分-30分位仮眠できそう
   下呂まで下ってもいいけど、せっかくくだり基調なので、睡魔なしで走りたい
   そして、下呂ではすでに明るくなっているだろう
3.恵那まで行けば、本当に完走が見えてくるようだ

計算結果とコースプロファイル(AJ静岡のルートラボより)
 計算とルートが一部ずれているけど・・(計算;PC3まで、ルート;PC3まで)
TSPC3.jpg



(計算;PC3-PC6、ルート;PC3-PC5)
TSPC3-6.jpg



(計算;PC6-G,ルート;PC5-G)
TSPC6-G.jpg



案外、行けるんじゃないの??

ブルベは気力のスポーツ、もちろん基礎体力のスポーツでもあるけど・・・最後の最後はとにかくあきらめずに走っていれば、どうにかなることが多いし、あきらめたらそこで終わってしまうスポーツということで、今週はあきらめずに最後まで頑張ろう3週連続で行こうと思う。
プロフィール

Mu Auan

Author:Mu Auan
自転車ふるさと旅日記へようこそ
折りたたみMTBで輪行しつつ、ふるさとを訪ねます。また、気が向くままポタリングを楽しみます。
ロードの購入で、ふるさとまわりのブルベに挑戦することに・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
183位
アクセスランキングを見る>>
千葉県
Follow MuAuan on Twitter
みんなの地図
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード